今人気の職業|心理カウンセラーの道を進むには

ウーマン

専門的に学ぶ

勉強

目指す人が増えている理由

心理カウンセラーとは、悩みを持つ人の話を聞き、悩みが解決に向かうようサポートをする人のことです。人の話が良く聞ける人、冷静に物事を判断できる人が向いています。様々なストレスにより、自殺者が増えている現代において、心理カウンセラーの需要は増えています。また、精神科医よりも気軽に相談できるという理由から相談する人も多くなっています。そのため、心理カウンセラーの活躍の場は、広がる傾向にあります。生徒をサポートするスクールカウンセラーや、労働者の精神面をサポートする産業カウンセラーなど、多くの場で心理カウンセラーが必要とされています。カウンセラーの資格を取得しておけば、就職先や転職先に困ることがなくなるため、人気の資格となっています。また、開業をすることも可能です。薬を処方するといった医療行為も行うことがありません。心理カウンセラーになるには、大学や専門学校で心理学を学び、カウンセリングの技術を身につけることが出来ます。ただし、必ずしも資格を取得しなくては、その職業に就けないというものではありません。それでも、種類によっては資格が必要となるものもあります。活躍の場を広げるためにも資格を取得する必要があります。主な資格は、臨床心理士、メンタルケアカウンセラー、精神保健福祉士、認定心理士などがあります。資格の中には、通信教育で取ることが出来るものもあります。そのため、ますます心理カウンセラーを目指す人は増えていっています。